限定型の婚活のデメリット【婚活完全ガイド】

限定型の婚活にもデメリットは存在します。デメリットもしっかりと理解して婚活を有利にすすめましょう。

メリットを強く感じる事ができる「限定型の婚活」ですが、当然デメリットも存在します。
限定型の婚活は、メリットとデメリットをしっかりと理解した上で婚活をすすめる事が、婚活を有利にすすめる事ができるポイントとなります。

そこで、ここでは、限定型の婚活のデメリットをご紹介します。是非、参考にして下さい。
限定型婚活のメリットは「限定型の婚活のメリット【今夏t完全ガイド】」でご紹介していますので、是非ご覧になってください。

限定型の婚活のデメリット

職業や年収、年齢に強い拘りを持っている型の婚活には最適な限定型の婚活ですが、メリットばかりではありません。 当然デメリットもあります。
限定型の婚活をされる方は、メリットもデメリットもしっかりと理解をして、婚活を有利にすすめるようにして下さい。
それでは、限定型の婚活のデメリットをご紹介します。

限定型の婚活のデメリットには次のようなデメリットがあります。

  • 倍率が非常に高い
  • ライバルに強敵が多い
  • 相手に癖がある人が多い
  • 婚活の費用がかかる

このようなデメリットがあります。

しれでは、人つづつご紹介していきましょう。

倍率が非常に高い

限定型の婚活の場合には、ライバルが非常に多くいます。
通常の婚活パーティーや婚活サイト、結婚相談所では、様々な条件を希望している人たちとの婚活の競争となるのですが、限定型の場合には、ライバルは皆、自分を同じ事を希望しているのです。
また、一般的な結婚相談所や婚活サイトなどと比較すると、その絶対数が非常に少ないのです。その結果倍率が非常に高くなるのです。

人気のある職業や条件によっては、一人の異性を数十人で奪い合うなんて事もあります。
そのライバルが多い中で、自分が選ばれるように、自分自身をしっかりと磨いておかないといけませんね。

ライバルに強敵が多い

限定型の婚活はライバルに強敵が多い事があります。
特に人気の職業の男性や高年収の男性を希望している女性の場合は、ライバルが非常に高レベルな女性が多くいます。

例えば、医師の結婚相手を探している方などは、自分自身が医師の妻となるにふさわしいように、様々な教養を身に着けていたり、美容面に気を使い、自分磨きに余念がありません。
非常に高い倍率の中でも、自分が選んでもらえるように、日々頑張っているのです。

なんとなく好条件の男性と結婚したいというだけで、限定型の婚活に参加すると、中々出会いが無いなんて事にもなりますので、要注意です。

相手に癖がある人が多い

限定型の婚活の場合には、その条件が高くなればなるほど、相手に癖のある可能性が高くなります。
一般的に考えても、好条件で、婚活パーティーや婚活サイト、結婚相談所に参加するくらい結婚したいと思っているのに、結婚ができないというのは、どこかに問題があるケースが多いのです。

全く問題外ない非常に好条件の男性なんて、普通は周りの女性がほっとかないですよね?
ですので、限定型の婚活に参加している好条件の方は、「性格」なのか?「家庭環境」なのか?分かりませんが、癖があったり、問題があると思っている方が良いかもしれません。
でも、それでもし問題がなかったら、儲けものです!くらいの気持ちでいましょう。

婚活の費用がかかる

限定型の婚活は一般的には、通常の婚活よりも費用がかかかるケースがあります。

婚活パーティーを例にあげますと、通常の婚活パーティーの場合には、男性の方が参加費用は高いのが一般的です。
しかし、限定型の婚活の場合には、女性の方が参加費用が高額になるという事が多くあります。

また、都度かかる費用に付いても、一般的な婚活サービスよりも高額になる傾向にあるようです。

でも、その一時の出費をしても、希望の条件の方と結婚する事ができるというメリットの方が大きいのでしょうね。