データマッチング型の婚活のデメリット【データマッチング型婚活完全ガイド】
データマッチング型のデメリット
データマッチング型の婚活にもデメリットは存在します、デメリットもしっかりと把握して婚活を有利に進めましょう。

データマッチング型の婚活は、効率良く自分の希望する相手を探したいという方に非常にオススメの婚活方法です。 非常にメリットが沢山ある婚活の方法なのですが、デメリットも存在します。

データマッチング型の婚活のメリットとデメリットの両方を知って婚活を有利に進めましょう。

それでは、データマッチング型の婚活のデメリットをご紹介します。

データマッチング型の婚活のデメリット

それでは、データマッチング型の婚活のデメリットをご紹介します。
デメリットがあるからダメということではなく、デメリットも知ってそのデメリットを解消するようにして、他の婚活をしている人に一步差をつけて、婚活を有利に進めるようにしましょう。

では、データマッチング型の婚活のデメリットをご紹介します。 データマッチング型の婚活のデメリットは次のようなデメリットがあります。

  • 結婚相談、仲介型と違ってアドバイザーがいない
  • アドバイザーが欲しい場合には、別途料金が必要
  • ずべて自分で対応しなければならない

このようなデメリットがあります。
データマッチング型の婚活のメリットト比べると、あまり重要ではないかもしれませんが、自分で決めなくてはならない点などは、人によっては、非常にハードルが高いのかもしれませんね。

さて、それではひとつづつご紹介していきましょう。

結婚相談、仲介型の婚活と違ってアドバイザーがいない

データマッチング型の婚活の最大のデメリットは、婚活の際の頼りになるアドバイザーがいないということでしょう。
結婚相談所や仲介型の婚活の場合には、自分専任のアドバイザーが様々なサポートをしてくれます。そのため、出会いや婚活に対して様々なアドバイスをもらい、婚活をスムーズに進めて行くことができるのですが、データマッチング型の婚活の場合には、心強いアドバイザーがいないというのがデメリットでしょう。

アドバイザーが欲しい場合には有料になる

アドバイザーがいないのがデータマッチング型の婚活のデメリットですが、どうしてもアドバイザーが欲しいという場合には、有料ではありますが、専任のアドバイザーを用意してくれるデータマッチング型の婚活業者もあるようです。

しかし、結婚相談所や仲介型の婚活と同じ位のアドバイザーのレベルとは限りません。

すべて自分で対応しなければならない

これも、アドバイザーがいないので、当然の事ですが、婚活をすすめるのは、全部自分です!
データマッチングがやってくれる事は、自分の希望の条件とあっている方を機械的に探してくれるだけです。

その後は、自分でアプローチして、自分から積極的に進めないと、婚活は進んで行かないのです。

データマッチング型の婚活のデメリットのまとめ

データマッチング方にはメリットもありますが、当然デメリットもあります。
そのデメリットの多くは、アドバイザーがいないということから関連してきます。ですので、自分っから積極的に婚活をすすめる事が出来ないなんて方は、データマッチング型の婚活は向いていないのかもしれません。