婚活神社の正しい参拝の方法

正しい参拝の仕方

婚活神社葉正しい参拝の方法でご利益を最大限に受けましょう

縁結び神社の正しい参拝の方法をご紹介します。

いくらご利益がある神社に来ても、正しい参拝をしなければ効果は半減?してしまいます。

正しい先輩の方法を身につけて、ご利益を最大限に授かりましょう。

神社の正しい参拝の方法

婚活神社の参拝の仕方にはルールがあります。
正しい参拝を行う事で神様に失礼がなく願いを聞き入れてもらえるようになります。
正しい参拝の方法をしっかりと学びましょう。

参拝の基本マナー

神社に参拝に行くということは、神様にお願いごとを市に行くという事です。しっかりと身だしなみを整えてマナーを守って参拝をして下さい。

身を清め清潔な服装で参拝をする

しっかりと身だしなみを整え、清潔な服装で神社に訪問をして下さい。

鳥居の前で、一礼を行い、参道、境内の中央を歩かないようにしましょう。参道や境内の中心は神様の通り道です。

手水の順序

手水の順序は、左手→右手→左手の順序で行いましょう。

手水舎に着いたら軽く一礼をして、手を清めて下さい。

手を清めるのは、柄杓(ひしゃく)を右手に持ち左手を清め、持ち替えて右手を清め、さらにもう一度左手を清めるのが正式な手順です。

そして、左手の平に水をためて、その水で口をすすぎます。すすいだ水を出すときには手で隠して下さい。すすいだ後は左手に水をかけて手を清めることも忘れずに。

使った柄杓は元の場所に戻して、最後に軽く一礼をして下さい。

お賽銭は投げてはいけません

お賽銭を投げて入れている人をよく見かけますが、お賽銭とは本来神様への献上物なので、投げることは失礼に当たります。現在は現金ですが、昔は稲穂やコメを捧げていましたので、根ゲルということは本当に失礼に当たります。

お賽銭は賽銭箱にそっと入れることが正しいお賽銭の捧げ方です。

また鈴を鳴らすときには、力を入れ過ぎないようにして下さい。

鈴を鳴らすとい行為は、神様に聞こえるようにではなく、鈴の音を浴びて自分の邪気を払うために行いますので、自分に聞こ得る程度で十分なのです。

基本は「二礼」「二拍手」「一礼」が基本

参拝の手順の基本は、深いお辞儀を2回行い、その後拍手を2回、最後に一礼をすRというのが基本です。

ただし、島根県の出雲大社や大分県の佐神宮では二拝四拍手一礼とされていますので、注意して下さい。

参拝の注意点

参拝の注意点は下記のポイントに注意して下さい。

  • 礼は90度腰を折り曲げる
  • 礼の時に目をつぶらない
  • 拍手は胸の高さで打つ

参拝の際には上記のようなことを注意して下さい。

コチラの婚活パワースポットもご覧下さい。