好印象を持たれるプロフィールの書き方

行為を持たれるプロフィールの書き方

婚活のおいて重要なプロフィールの書き方!失敗しないプロフィールの書き方をご紹介

さて、結婚相談所に入会をしたら、いよいよ婚活がスタートします。

まずは、婚活の第一歩のプロフィール作成があります。このプロフィール作成がとても重要です。プロフィールのできによって婚活の結果が変わってくると言っても過言ではありません。

プロフィールとは、履歴書のようなもの、つまりは自己紹介文です、異性に自分のことを知ってもらうためのツールです。

少しでも、出会いの機会を広げるためにも、まずは、「興味を持ってもらえる」ないようにしなければなりません。

プロフィール作成のコツは、自分が誰かのプロフィールを読んだ時にどんな内容だったら気になるかを考えながら書いて下さい。

写真は慎重に選びましょう。

プロフィールで使用する写真は慎重に選んで下さい。

プロフィールで最初に目に留まるのは写真です!外見を重視するということではなく、多くの方が、自分が求めていない相手をなのかどうかを見極めるための情報になります。

つまり、この写真が清潔感がなかったり、服装や髪型が好印象でナイト、その段階で相手からは選ばれる可能性が非常に低くなります。

プロフィール写真はできれば、プロに撮影してもらう方が良いでしょう。撮影ができたら、恥ずかしがらずに結婚相談所の担当のアドバイザーに見てもらって相談する事をお勧め致します。

男性の場合の写真撮影の注意点

男性の場合には、私服のセンスがかなり影響を与えますので、無難なスーツをお勧めいたします。

また下記のような点にも注意して下さい。

  • 髪や髭に気を使う
  • 清潔感のある服装で
  • 自然な笑顔

女性の場合の写真撮影の注意点

男性は女性に優しさを求める方が多いので、優しさや落ち着きを表現できるように、暖色系の洋服がお勧めです。

また、下記のような点にも注意してください。

  • 表情は柔らかく
  • 服装は優しく見える暖色系
  • メイクはナチュラルメイク

プロフィールの具体的な書き方

プロフィールの具体的な書き方は、相手の気持ちになって書くということが重要です。

プロフィールは自分のことをあくのですが、自分が伝えたいことではなく、相手が知りたい事を書かなければ、興味を持ってもらうことはできません。

異性が何を知りたいのかを想像しながら書くようにして下さい。

結婚相談所に登録されている方は、相手の生年月日や住まいのエリアには大変興味があります。また、女性であれば男性の収入、職業、学歴を重視される方も少なくありません。これは嘘を書いてもいずれ分かってしまいますので、ありのままの本当の事を書きましょう。

次に、趣味や特技、自己PRの部分は、表現によって相手に与える印象が大きく違うので注意が必要です。

ここでの注意点は「具体的に書く」「自分が好きな事を書く」「できることを書く」ということが重要です。

苦手な事はあえて書く必要はありません。

また、自分が持っている資格や技術などを紹介して、自分の個性を伝えることも効果的です。

個性を伝えるという方法は、例えば、「読書」が好きな方は、趣味を「読書」ト書くだけでは、あまり興味を持ってもらえませんが、「推理小説が好き」ト付け加えるだけで印象が変わります。また、好きな作家を書いておくことも良いでしょう。相手も話題としてあげやすくなります。

プロフィールの内容は短すぎてお、長すぎても伝わりません。細かい話は合ってからはなすことができますので、まずは興味を持ってもらうような「さわり」を確実に伝えるようにしましょう。

プロフィールを書く際のポイント

ありのままを書いてマイナス面には触れない

プロフィールは書いているうちにだんだん、自分の事を良く見せたくなります。しかし、そのような事をすると、「実際に会ってみたらぜんぜん違った!」となりかねません。そのよう二ならないように注意しましょう。

また、マイナスの面は書かない問い選択肢もあります。

プロフィールという自己PRの文章の構成上、誤解を招く事もありますので、あえて触れないということも良いでしょう。

あくまで、プロフィールは自己主張をするのではなく、相手に自分を知ってもらうことが目的です。多くの方に自分を知ってもらい、であいの機会をもらうということが目的になります。たくさんの出会いがあれば、きっと理想のパートナーに出会えるはずです。

異性に良い印象を持ってもらえるように、好印象のプロフィールを仕上げて下さい。