男の婚活の心得 その2

男性の婚活の心得【その2】聞き役に徹すべし!

聞き上手な男性が婚活においては勝ち組になる!

あなたは、婚活中には自分のことをアピールしすぎていませんか?

自分のことをアピールしてばかりでは、婚活は成功しません!
婚活を成功させるためには、聞き役に徹する事が必要なのです!

男性の婚活の心得【その2】聞き役に徹すべし!

男性に婚活中には、自分のことを知ってもらいたくて、ついつい自分のアピールに一生懸命になってしまいます。
しかし、そのアピールは逆効果になっているかもしれません!

「婚活なのにアピールがが逆効果?」
と不思議に思うかもしれませんが、聞き役に徹する方が好印象を与えるケースも実は非常に多くあります。

女性の話はとりあえず相槌を打つだけ!

婚活中には女性の話はできるだけ遮らずに聞き続けることが重要です。

とにかく女性の話を聞き続けるのです。時には相槌を打って、時には興味深々の表情をして!
そうすることで、女性はしっかりと話を聞いてくれる優しい人、相談に乗ってくれる人、と思い込んでくれます。

人間は、悩み事などがあっても、人に話すことで自分なりに整理をして、説明する段階でおおよその解決や結論がでています。
ですから、相槌を打って時には興味がある表情で聞いているだけで、女性はこの人に相談をして解決してくれたと、勘違いをしてくれて印象が良くなるのです。

女性の話には結論はない

女性の話を聞いているだけで、相手が勝手に自己解決をしてくれると紹介しましたが、それはきちんと自分の中での結論が出る女性のケースです。
多くの女性の場合には、結論がない話を延々としている女性の方が圧倒的に大多数です。

近所の奥さんの井戸端会議を聞いてみれば、わかると思いますが、全く結論のない話を延々えとしています。
男性からすれば、全く建設的な事ではないので無駄に思えるかもしれませんが、女性にはこの結論のない話がコミニケーションの上では非常に重要なのです。

つまり、女性が相談をしてきた際には、男性は自分なりの答えを女性に言わなくてもいいのです。
言わなくてもいいというか、たとえ言っても女性は全く聞いていません。そのような答えを求めているわけではないのです。
ただ単に、相談をするという事が目的なのです。相談をして答えをもらう、アドバイスをもらうという事は目的ではありません。

このような事が女性と男性とは考え方が全く違う事になります。

男性の婚活の心得【その2】聞き役に徹するべし!まとめ

男性の婚活の心得【その2】では、男性は少し無口くらいのほうが婚活で有利になる都いう事です。
自分の事をアピールするのはグッとこらえて、相手の話を聞き続けるという事が婚活を成功させるポイントかもしれません。